ロータリーエンジン搭載車 1974年 SUZUKI RE−5 レストア

SUZUKI RE−5

スズキ・RE-5(アールイー-ファイブ)とは、スズキ株式会社(当時の社名は「鈴木自動車工業株式会社」)が1973年に発表し翌年より

日本国外への輸出が開始されたオートバイ。日本製の自動二輪車で唯一市販化が実現した、ロータリーエンジン搭載モデルである。

レストア前

ノーマルのRE−5が入荷しました。一通りチェックしましたが、欠品部品等もなく 驚くほどよい状態です。エンジンもキックでは

重くて無理でしたが、セルを回したら一発でかかりました。現役で走っていただけあります。キャブ調整でこのまま行けそうです

エンジン降ろし / サンドブラスト、他

写真は後日

キャブレター / ウェットブラスト、他

写真は後日

フロントまわり / 洗浄、補修、交換、塗装

写真は後日

リアまわり / 洗浄、補修、交換、塗装

写真は後日

フレーム / 補修、溶接増し、精密バランス、パウダーコート 

写真は後日

F/R ブレーキ / O/H、交換、塗装

 

写真は後日

ガソリンタンク、ライトカバー、サイドカバー、その他塗装

 

 

部品のセットアップ

 

 

 

 

 

完成

 

 

色々ありましたが、車検も無事取得できました。、ギア比もロータリーにマッチングしているので、大変乗りやすいバイクです。

先日300kmほどのツーリングに行きました。様子を見ながら走らせましたが、トラブルもなくとても良いドライブとなりました。

数個のキャブを手配し、良い部品を組み合わせてエンジンに取り付けました。キャブ調整もメーカーが考えたロータリー専用

なので、皆が言うほど難しくもなく すんなり行きました。引っかかり等もなく とても良い感じです。マフラーの音がうるさいので

ノーマルの外観を変えないようにマフラーの中に細工をしたいと思います。予備のマフラーが届いたら作業したいと思います

 

日本では部品が少なく、入りにくいので、ほとんどの部品はアメリカのebayで調達しました。新品パーツも多数確保できました。